コラム

JPCスポーツ教室(TOP) » コラム » 予習の効果は勉学面だけではない

予習の効果は勉学面だけではない

チラ見でいいのでちょっと先を見ておく予習はとても大事です。

 

人間の脳は「単純接触効果」といって「すでに見たことを好きになる」という性質があります。

ちらっとでも先を見ておくことで、心のハードルがぐっと下がった状態になります。

 

そして、人間はどんどん忘れていくので、常に見返していくための「復習」が大事になります。

25分の勉強時間だったら、最初の20分を「復習」に使い、残り5分を明日の分をチラッとみる「予習」という勉強法が効果的と言われています。

なんとなく「こんなことやるんだな」と思って興味を持つことが大切です。

 

実は、予習は好奇心を育てる練習でもあります。

コロナ禍で外に出れず自宅学習が増えても、予習を通して「次は何をやるんだろう」という好奇心を刺激することにより、心の成長に繋がります。