コラム

JPCスポーツ教室(TOP) » コラム » イヤイヤ期・反抗期の原因

イヤイヤ期・反抗期の原因

脳は感情の部分が先に発達します。

一方で、社会的なルールを守るという部分は遅れて発達するため、個人差はありますが、生物学的に反抗期はあります。

脳が発達し、自分と外の世界の区別がついてくると、外の世界に興味を持つようになり、楽しいことを感じるようになる反面、嫌だと思うことも起こります。

大人のように嫌なことを乗り越える経験をしていないため、物事を苦痛に思う結果、「イヤイヤ期」「反抗期」が起こります。

 

悪意を持って「嫌だ」って言っている訳ではなく、イヤイヤすることが当たり前で、「脳の発達だから仕方がない」と思えると少し気が楽になると思います。

 

イヤイヤ期はコントロールできないのが普通です。

「嫌なんだね、その気持ちすごくわかるよ」と共感して、嫌なことの理由を掘り下げていくと子どもは落ち着いてきます。

その上で、子どもの自分の気持ちを代弁し、子どもが「うん」「いいえ」で答えられるような投げかけをしてあげましょう。

そうすると子ども自身が、「なんで自分が嫌だったのか」と考える事ができ、落ち着くケースが多いです。