JPCスポーツ教室(TOP) » コラム » ゴールデンエイジの前に…

ゴールデンエイジの前に…

子どもの運動能力が最も伸びる時期は9歳~11歳と言われており、子どもの成長において貴重な期間です。これをゴールデンエイジと呼びます。 「ゴールデンエイジ」で能力を伸ばすためには、その前の段階である「プレゴールデンエイジ」と呼ばれる時期(3~8歳頃)に、たくさんの運動を経験しておくことが大切です。 歩く、走る、リズムをとって身体を動かす、バランス力を付ける、道具を扱う…。 幼児期はとにかく遊びを通して体を動かすことが大切です。さまざまな動きを経験させてあげましょう!

関連記事

子どもの可能性を潰さないためには…。

親は子に対して、社会の中で生きていくために、様々な制限や禁止事項、必要なルールや価値観を教えています。これを「拮抗禁止令」と言います。 「拮抗禁止令」の中で、特

メタ認知の身に付け方

メタ認知とは「物事を客観的に見る力」です。 このメタ認知が身につくと、嫌なことがあった時に「ここで感情を爆発させると、後でこんな問題が起こるだろう」と俯瞰して感

学ぶ構えを育てる

幼児期は、子ども自身が「学ぶ構えを育てる」時期と言われています。 興味関心を広げ、主体性を持って子ども自ら遊び、学びを楽しむことが大切です。 楽しい体験を積み重