columntitle

遺伝と身体の発達の関係

運動神経は遺伝で変わるのか?脳と体の発達で変わるのか?

これは、両方というのが正しいです。

身体は、「遺伝要因」「生活習慣」という先天的要因と後天的要因の作用で発達していきます。

 

大事なことは「遺伝は変えられない」けれど、後天的な「生活習慣」は変えることができます。なので「遺伝だから」ということはあまり考えなくていいのです。

結局は、「努力」です。その努力をいかに楽しく続けられるかが重要です。

 

ただ、スポーツを続けていくと、壁にぶち当たり、努力だけではどうにもならないと思う時があるかと思います。

確かに体格は遺伝的要素が強いです。どうしても体格に左右されるスポーツだとあるかもしれません。

それでも外国人選手に比べると身長差があるバスケットボールの田臥 勇太選手のように努力で打ち勝てることもあるのです。

 

上を目指せるアスリートの傾向として、一つだけの競技をずっとやってきた、という人は実は少ないです。

野球選手になろうと思ったときに野球だけでなく、陸上や剣道などの他のスポーツはもちろん、芸術なども色々やらせた方がもっと伸びると言われています。

 

子どもの好奇心を大切に、色々なことを経験させてあげましょう。