JPCスポーツ教室(TOP) » コラム » 集中力を養う環境は?

集中力を養う環境は?

集中力とは、一つの事柄に注意して物事に取り組む能力を指す言葉です。 学業やスポーツ、将来的には仕事などのあらゆる場面で大事な能力であり、集中力が高いことで、多くのメリットがあります。 集中力を養うためには小さいころからの生活環境づくりが大切です。 ●整理整頓 物が散らかっていたり、今やっていることと関係ないものが視界に入ったりすると、そっちに気が取られてしまいます。 ●時間を区切る 子どもの集中力は短いです。30分くらいかかりそうな宿題であれば、10分×3セットという風に区切ってあげると、メリハリをつけるとレーニングにもなります。。 ●邪魔をしない 勉強以外でも、好きなことに集中して取り組んでいる場合は、声をかけたり中断させないようにしましょう。 最後に「とても集中していて凄いね」と褒め、「自分は集中することができる」と成功体験をさせると良いです。 ●ご褒美をつくる 苦手なことに集中して取り組むときには、ゴールを決めたうえでご褒美を作ってあげるといいです。 「出来たらおやつを食べてもよい」「ゲームをしてもよい」などと、子どもがやる気を出すようなご褒美をつくると、これも集中力、メリハリをつけるトレーニングにもなります。 ●ルーティンを決める 子どもが勉強を始めるときには、ルーティンを決めると良いです。 ルーティン自体が面倒だと感じてしまうと逆にハードルが上がってしまうので、勉強を始める前は机をきれいに拭く、親子で決まった合言葉を言う等、簡単にできる事がいいでしょう。 小さいころからの環境づくりが子どもの集中力に関わってきます。 一度周りの環境を見直して、実践してみてください!    

関連記事

運動神経って結局何!?

一般的にいわれる「運動神経が良い」とは、神経回路がよく発達し自分の思った通りに体を動かせたり、力の調整やコントロールが上手いことを指します。   運動

成長期のスポーツには保護者の協力も必要!

最近の子供は外で運動する時間が減っています。コロナ禍や公園でボール遊びができないなど環境面も関係しています。 体を動かす基本のバランス感覚や足首の関節の柔軟性が

学ぶ構えを育てる

幼児期は、子ども自身が「学ぶ構えを育てる」時期と言われています。 興味関心を広げ、主体性を持って子ども自ら遊び、学びを楽しむことが大切です。 楽しい体験を積み重